将来の為に行なうアパート経営|失敗の少ない不動産投資

積み木
  1. ホーム
  2. 時代に合ったサービス

時代に合ったサービス

男女

不動産の賃貸借契約を締結する際には、入居者に連帯保証人を立ててもらうことで、家賃不払いのリスクを抑えるのがこれまでの流れでした。しかし、最近では、非正規雇用の数が増えていることなど、従来と異なり、連帯保証人に弁済能力があるとは言えない時代になってきました。そこで、大家さんがより確実に家賃を回収できるようにできるシステムとして登場したのが、家賃債務保証という方法です。このシステムは、家賃債務保証会社が連帯保証人と類似した役割を果たすこととなり、家賃不払いが生じた場合は、会社が代わりに支払います。そして、会社が入居者へ支払い分を請求するというのが大まかな流れです。つまり、大家さんが未払を確認した場合は、入居者ではなく、保証会社に対して支払いを請求することができるのです。

家賃債務保証を利用するためには、保証会社を選択しなければなりませんが、入居者の費用負担を考えるとできるだけ料金が安いところを選びたいところです。ただし、万一の場合に備えて、代位弁済の速さや保証範囲についても充実した保険会社を選択すべきとも言えます。また、トラブルを回避するためにも信頼できる会社を選ばなければなりません。これらの事情を考慮すると、家賃債務保証で実績を出している業者や、第三者機関に加盟する信頼できる業者を選択すべきと言えるでしょう。この点、インターネット上には、家賃債務保証会社の比較を行うサイトがいくつか確認できます。これらを活用し、料金や実績をしっかり確認しましょう。そして、候補となるような会社があらわれた場合は、ホームページを閲覧し、所属団体やサービスの詳細について確認しましょう。