将来の為に行なうアパート経営|失敗の少ない不動産投資

積み木
  1. ホーム
  2. 最近の賃貸物件事情

最近の賃貸物件事情

男性女性

連帯保証人不要システム

部屋や家を賃貸する時には、間取りや設備、周囲の環境など様々な点を留意しながら探すのが一般的です。しかし昨今ではもう一つ留意することが、増えてきているのをご存知でしょうか。それは従来であれば賃貸契約時に必要だった連帯保証人の代わりに、賃貸保証会社の利用を求められることが多いのです。核家族化が進んだ現代では、連帯保証人になってくれる親族が高齢すぎるという理由で断られることもあります。また家賃滞納が起こった場合は、住人の支払うべき家賃を代わりに支払う義務を負う連帯保証人になる親族が断るといった例もあるのです。連帯保証人になる人がいなくては、貸す側としても何らかの保証がないと安心して貸せません。しかしそれでは物件の賃貸という契約が出来ずに、貸す側も借りる側も困るので生まれたのが賃貸保証会社です。賃貸保証会社は連帯保証人不要システムとして、家主や不動産会社が利用するケースが増えています。

滞納した家賃を回収

確かに連帯保証人が不要なので、親族に依頼しなくても賃貸契約を結べます。しかし現実問題としてあげられるのが、賃貸保証会社の審査が通らなかった場合です。連帯保証人に代わって家賃滞納が起こった場合は、賃貸保証会社が弁済することになります。貸す側としては家賃が確実に回収できるシステムとして、連帯保証人よりも採用することが増えているのです。その一方でまだまだ新しい業界であるため、多くの人に認知されているとは言えません。さらに法律で規制されているわけではないので、会社によっては対応も少々違っています。一般的には賃貸借契約には直接関わらずに、賃貸保証会社が用意した保証委託契約書を貸す側と借りる側の3者で締結するのです。賃貸保証会社は滞納した家賃を保証するのが、基本的な業務になります。